So-net無料ブログ作成
ぶらぶら散歩 ブログトップ
前の2件 | -

ひたち海浜公園~ネモフィラの丘 [ぶらぶら散歩]




4月26日、国営ひたち海浜公園のネモフィラと、那珂湊駅の駅猫おさむに会いに行ってきました。

上野からスーパーひたちに乗車。
初スーパーひたちです。わくわく。
快適な旅を終え、午前11時頃に勝田駅に到着、ひたちなか海浜鉄道に乗り換えます。

那珂湊で降りると、改札横に駅猫おさむが!
適度な距離感を保って写真を撮らせてくれます。
さすがに人に馴れている。
しっぽがもっさちゃんでかわいい。

接客の業務をこなす(?)駅猫おさむ
駅猫おさむ.jpg

改札を出ると、「湊線フェスティバル2014」というポスターが貼ってありました。
ひたちなか海浜鉄道が開業6年を迎えるにあたり、フェスティバルが開催されるそうで、ここ那珂湊駅がメイン会場になるそうです。
日付けを見ると、フェスティバルは明日……。惜しい。

先週も、「日本一の鉄火巻大会」の前日に三崎港を訪れた私……。
まあ、いつもあまり調べないでいくのがいけないのでしょうが。
でも、平常ののんびりした情景もいいものですよ。

「鉄子の旅」の額絵が飾られていました
鉄子の旅.jpg

那珂湊でお昼を食べて、改札前の待合所で改札が開くのを待っていたら、突然ギターの弾き語りが始まりました。
井上陽水の「少年時代」、松山千春の「恋」とか懐かしい曲が。
歌っていたのは阿字ヶ浦在住の方だそうです。
猫のいるローカル線の駅舎で流れるアコースティックギターの弾き語り。
癒されました~。

再び、ひたちなか海浜鉄道に乗り込み、終点の阿字ヶ浦に。
そこからバスで10分ほどでひたち海浜公園に到着です。
公園はとても広いので、入ってすぐレンタサイクルを借り、450万本のネモフィラが咲きほこるという「みはらしの丘」を目指します。

丘一面に咲く、見事なネモフィラの花畑。
風が吹くと、ブルーのネモフィラの花がさざ波のようにそよぎ、花の真ん中の白い部分がキラキラと光って見えて、海面のようでした。
ネモフィラ.jpg
ネモフィラ2.jpg

丘のふもとの方では、菜の花畑も見ごろでした。
ブルーと黄色のコントラストがきれい。
ネモフィラと菜の花.jpg

売店で、ネモフィラの種を売っていたので、お土産に買いました。

ここのサイクリングコースは約11kmあるらしく、広々としていてとても気持ちよかったです。
もう少しうちから近ければたびたび訪れたいところですが、残念なことにちと遠い。

湊線の駅名標はデザインが面白い
阿字ヶ浦.jpg

湊線の線路.jpg
帰りの車窓から

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

「みさきまぐろきっぷ」でGO! [ぶらぶら散歩]




4月19日京浜急行で人気のお得な切符「みさきまぐろきっぷ」で三崎港と城ヶ島を回ってきました。

京急の出発駅によって切符の価格は変わってきますが、横浜駅で購入したら約2,900円でした。

「みさきまぐろきっぷ」は、往復の京急切符と、京急バスのフリー区間乗車券、そしてまぐろ料理食事券(20軒くらいのお店から選べる)、さらにレジャー施設利用券もついています。

レジャー施設利用券はホテルの温泉入浴や、油壺マリンパーク入園券、水中観光船「にじいろさかな号」乗船券など5つの施設から選べるようになっています。
それぞれ単品でチケットを買うよりもかなりお得感ありますね。

三崎港では、毎年「三崎まぐろ鉄火巻き大会」が開催されるそうで、私たちが行った日はたまたま大会の前日でした。
後日ニュースで見ましたが、今年は日本新記録550メートルの鉄火巻が作られたそうです。

お昼ご飯は、三崎港の地元の回転寿司屋さん「さん和」に。
さすがにまぐろは美味しかったです!
さん和の近くに、「うらり」というおさかな市場があり、その前に「にじいろさかな号」の発着所があります。

にじいろさかな号は船底にのぞき窓がついていて、泳いでいる魚を見ることができます。メジナとかクサフグ、スズメダイなど、沖縄などの海に比べると地味目な魚が多かったけど、たくさん船に寄ってきました。
餌付けのエサをまくのを体験させてくれたり、帰りはカモメにエサを投げたりと、けっこう楽しめました!!

戻ってきて、すぐ隣の乗船場から渡し船に乗り、城ヶ島へ。
城ケ島には、県立城ヶ島公園があります。
ぶらぶら歩いて、「馬の背洞門」(うまのせとうもん)へ。
急な階段を降りて、磯に降りると馬の背洞門があります。

波や風で浸食されてできたこの岩が馬の背洞門
馬の背洞門.jpg

たまたま干潮だったようで、馬の背洞門の前の磯にはたくさんの潮溜まりがありました。潮溜まりに色々な生き物がいて面白い!!
しばらく子どもと観察しました。

まず目についたのがたくさんのヤドカリたち。
それから、メダカぐらいの大きさの、魚の子どもの小集団。

あと、岩場に張りついていたグミみたいな赤紫色の物体!!
あとで調べたら、ウメボシイソギンチャクでした。
海中では触手を伸ばしているけど、引き潮で海面から出てしまうと触手を引っ込めてこんな姿に。
ウメボシイソギンチャク.jpg

一番不思議だったのが、ラーメンの麺の塊のようなものがたくさん落ちてたこと。
最初は、誰かマナーの悪い人が捨てていったのか、と思ったら、あちこちにたくさん落ちていたので、そうではない、これは何かの生物だよね?という結論に。
あとで調べてみたら、アメフラシの卵と判明しました。
中華めんみたいな色をしてますが、時間とともに色は変化していくそうです。
磯には不思議な生き物がいて面白いですね。

アメフラシの卵.jpg
アメフラシの卵(写真=「海べのふしぎな生きものたち」より。よしざきかずみ写真・とりないけいこ文・岩崎書店)

ところで、ヤドカリはいろいろな貝をしょっていて面白いですね。
穴があいている貝を背負っているのもいて、なんでもっといい貝を選ばないのかなぁ、と思っていました。

あとで、「ヤドカリの海辺」(今福道夫著・フレーベル館)という本を読んでみたら、ヤドカリはいつも住宅難、ということがわかりました。
体の大きさにぴったりの貝に入っているのは全体の27%にすぎず、ほとんどのヤドカリが自分の家に不満を持っているそうです。
仲間をおそって貝がらを奪うこともよくあることで、二匹のヤドカリが争っていると、他のヤドカリたちが野次馬のように集まってきて、皆、すきあらば新しい貝がらをゲットしようとしているらしい。
その様子が少し人間ぽくて、なんとなくディズニーアニメのような情景を想像してしまいます。

「仲間をおそったヤドカリが、うばった貝がらを気に入らず、もとの貝がらにもどろうとしたら、すでに見物人が入っていた」(「ヤドカリの海辺」より)ということもあるそうで(笑)。
こんな小さな潮溜まりで、ヤドカリなりの熾烈なドラマがあるのだなぁ、と感心しました。
磯遊びが面白かったので、またどこかの磯に行きたいなぁ。

帰りはバスで「うらり」に戻り、冷凍まぐろを買って帰りました。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
前の2件 | - ぶらぶら散歩 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。